ネイリスト

ネイリストになるには?

ネイルの技術で、「見た目だけでなく、心も美しくなって頂きたい。」、そんな気持ちで、お客様の美のお手伝いをするのがネイリストという職業です。

 

ネイルの画像

この職業はファッション性が高く、デザイン技術とトレンド要素が融合した憧れの職業ですので、目指す方は多いことでしょう。

みなさんは、どのような方法でプロを目指すのでしょうか?

 

スクールで学びたい方は、JNA認定講師がいるスクールだと、クオリティの高いレッスンが期待できるでしょう。
入学前に調べておくことをおすすめします。

 

また、資格検定対策コースがある場合は、少人数制のマンツーマンレッスンがおすすめです。
少ない人数での授業ですので、高度な技術を講師からみっちり習得することができます。

 

ネイルサロンの画像

美容サロンが併設されているスクールもおすすめです。

ネイルとトータルビューティの全面的なカリキュラムで、様々な美容術を学ぶことができます。
サロンでの研修があるところも、通学ならではのメリットです。

 

ネイルスキルを身に付けながら、自分自身を磨くことができます。
就職後のサロンワークの中でも活かされると、評判が高いようです。
就職先の幅も広がりそうですね。

 

一方で、通信教育の方はどうでしょうか?
通信教育は、言わば、全国規模のネイルスクールです。

 

通学ではありませんが、専任の講師が一人一人に付き、プロになるまでサポートしてくれます。

 

 

通信教育にも、JNA認定校があります。
そのため、協会からも、学習環境や教材の質の高さは認められています。

 

通学に比べると、研修や実践現場が少ないということもありますが、就職のサポートは十分です。

 

総合人材サービスや派遣サービスの登録サポートなど、豊富な求人情報があります。

 

ネイルスクール風景

スクールのように、ネイルサロンを展開している講座も探せばありますので、提携サロンに就職できる修了生もいます。

 

忙しい方でも、欠席の心配もなく、振替授業などをする必要もありません。
働きながら、主婦をこなしながら、色々なライフスタイルの方が、ネイルのプロを目指せる学習方法です。

 

それに、カリキュラムに縛られることがありません。
テキストやDVDが手元に揃えば、学習スピードは、自分の希望通りです。
だから、空いた時間を使って最短でプロになりたいという方に向いています。

 

ネイルの資格は民間資格であり、何種類かあります。
どの資格であっても、ネイル技術と理論の理解を併せ持つことで、プロ中のプロとしてサロンで活躍できます。

 

まずは、目指す資格を探してみましょう。
ネットで検索するといくつかヒットしますし、資料請求などで資格の情報を収集してみるのも良いでしょう。

 

 

更新履歴